僕らの声の 届かない場所 - 保坂葉

僕らの声の 届かない場所

Add: qecesyt29 - Date: 2020-11-25 17:41:50 - Views: 9138 - Clicks: 5401

そのように読めますか? 保坂少なくとも当時、役者になりたいという明確な意思を持っていなかったスミトは、何も知らないまま【谷】に来て、彼にとっては全くわけのわからない一年を過ごした。しかし現実には、こうして「山下澄人」という一人の役者ができあがった。だからこの小説の作者は、授業で何を教わったかよりも、かつては脚本を書く気もなかった人間が、いずれは脚本を書き、演出もやって、やがて小説まで書くようになったというバックグラウンドを書くことの方に意味があると考えていたと思うんです。 山下倉本さんに抱く感情というのは、一言ではなかなか表しにくいものですが――、僕はたぶん、富良野を出る時には「俳優になろう」「これから頑張っていこう」と思ったはずです。でも、そういうことは書いてないんです。そしてその必要はないとも思いました。では何を書こうとしたのかといえば、それはやっぱり、自分がこの場所で見ていたものなんです。だから、感情のようなものは――そこは覚えていないということもありますけども、書いている間はまったく頭になかったです。 保坂 この【谷】では二十人くらいの塾生たちが共同生活をしているけれど、僕はこの小説を二回読んでも、一人一人が一体どういう人なのかがほとんどわからなかったんです。掴めたのはスミトが仲良くなった女性・けいこと、わりと関わりのあった一期生リーダー・藤田の二人くらいで、なにしろ最も印象に残ったのが、近所の農家のじいさん(笑)。塾生でもない進藤じいさんが、僕は一番面白かった。 スミトはどうやら、ここに集まっている人たちからできるだけ距離をとろうとしていて、人じゃなく馬と仲良くなってる姿からは、彼はまだ芝居の世界のことを何も知らないけど、「ここでこうしていてもダメだ」と感じていたことは読者に伝わっているんです. 、「船が動き出した」って書くと「ああもう、なんか嘘くさい」って感じてしまうんです。 保坂 わかる(笑)。それから、富良野に到着したばかりの二期生たちが互いの呼び名を決める場面では、〈(その呼び名は)大変に呼びにくいが慣れれば普通にいえた〉とか、〈(この二人は)以降まさに犬猿の仲となるのだけど〉と、随分先のことも書いてしまっているんです。つまり、作者はそこには興味がなくて、このあたりのことをのちに膨らませるつもりもないというその関心のあり方を、無意識にも先に語ってしまっている。こういうところも書き方としてあまり良くないという人がいるかもしれないけど、それを問うことには何の意味もない。 僕はやっぱり、山下さんが小説を書くときにとるこうした態度というのは、「小説とはこうだ」と考えられている世界のなかでそれを上手くやることよりも、自分が見ているもの、考えている何かをかたちにするために何でもやる、っていうことだと思うんです。授業で何を教わったかを書かなかったことにも表れていると思うけど、山下さんや僕は、ある枠のなかで、たとえば良くできたものを見習って、上手くなろうとするタイプではない。 山下でも僕は、その枠組みをわからないままに書いているだけで、だから「こんなふうに書いて良い. jp で詳細を見る.

前回からスタートした「生きるのがつらい女性」、リョウさん(30代前半・独身一人暮らし)のお話。今回は、学生時代まではそんなことなかっ. 当事者の立場で参加しているのは僕ひとりなので、広くいろんな当事者の方たちの声を届ける役割だという認識で、この証明書の準備のために. 保坂 僕は、山下さんが小説を書き始める前から、主宰の劇団「FICTION」の芝居も観てきたから、山下さんがやろうとしていることを一番理解しているのは僕だと思ってきたし、こうして話している今もその気持ちに変わりはないんだけど、最新作の『しんせかい』(新潮社刊)を読んだときは、「ああ、全然わかっていなかったな」と感じたんです。 でも、そう感じることはこの作品に限ったことではなくて、遡ればデビュー作『緑のさる』の時からその繰り返しでした。僕は『緑のさる』のいわゆる整合性がつかない箇所——関西人ではない人物が突然関西弁を話しだすようなところ——を山下さんに指摘したことがあったけど、後々、そんなことを気にすること自体にまったく意味がないと気づかされたんです。山下さんの小説には「こういう小説は二、三作書いたら終わりじゃないか」と感じさせるところがあるのに、現実にはこうして次々と、しかも毎回何か、その何かは全然わからないんだけど、何かが更新されて書かれていることに、今回もあらためて驚きました。 山下ありがとうございます。年に保坂さんに初めて観ていただいた芝居のタイトルも、『しんせかい』でしたね。小説とはまったく違う内容でしたし、同じタイトルにしたことに特に意図はありませんが。 保坂 山下さんは二十年ほど前に劇団を立ち上げて以来、三十本以上の芝居を作っていますが、芝居のタイトルをそのまま小説にあてた作品は、他にも「トゥンブクトゥ」や「ディンドンガー」など、いくつかありますね。小説には作品の中身がわかるタイトルをつけるのが一般的だけど、そもそも山下さんの小説に「説明がつく」ということはなくて、僕が山下さんのタイトルからいつも受け取っているのは、その意味ではなく、大きさなんです。「あ、そっちを見ているのか」という感じ。 『しんせかい』は、山下さんが十九歳の頃に倉本聰の演劇塾「富良野塾」で過ごした記憶をもとにしているわけだけど、富良野で過ごしたのは、もう三十年も前のことですね? 山下ええ。1985年からの二年間で、随分昔のことですから、いざ書こうとしても、ほとんど何も思い出せなかったんです。頑張って思い出そうと、覚えていることを書き出してみたりもしましたが、「え! これだけしかないんや. 保坂:僕は、小説は、注文がなくても自分でやるんですけど、小説以外の仕事はすべて注文があるからやるという、受け身一方、ほぼ100パーセント受け身なんで、そういう話が来れば、やるかやらないかを考えるけど、話が来なければやらないんで、今ん. 」と、自分でも驚くくらいの少なさでした。だから、ここに書かれていることは「当時を思い出.

。 保坂 それは小島信夫に通じるかもしれない。彼は「馬鹿」を維持した。変な人であることを矯正せずに押し通したんです。 ただ、人間には勉強をして優秀になる人ともともと地頭が良い人の二種類がいて、『しんせかい』のスミトには後者のものがある。たとえば芝居の授業では、台詞の「間」をとることを容易く覚えて、褒められて喜んだりもするんだけど、すぐに飽きちゃう。 山下それは富良野で実際にあったことで、「間」をとるために数を数えただけなのに「お、良いね」と言われて、そこにちょっとバリエーションをつけたらもっと褒められて、「ああ、もうすごく簡単だな」って思ってしまった。そういうことがすぐに新鮮なものではなくなって、だけど自分が面白いと思わなくなるのと同時に、周りからも「面白くない」って言われ始めたのは、小説を書き始めた頃の感じともよく似ています。 保坂一方でスミトは、はじめは何とも思っていなかった【先生】のことを知れば知るほど畏れるようになっていく。そして【先生】のメソッドで育つような俳優にはならなくて、むしろ【先生】が見れば「何だ? これ」というような芝居をするようになった。 山下だから授業を真に受けていた最初の頃よりも、そのあとに続いた時間のほうが今に直結していると思うんですけど. 12月 ライズ・プロデュース「眠れない羊」 ☆小説☆ 『僕らの声の届かない場所』(保坂葉) 創英社より発売中 ☆ゲームシナリオ☆ pspアドベンチャー 『電撃のピロト~天空の絆~』 発売中. はじめまして、白頭巾といいます♪ 司書のお仕事をしています。 紅茶と甘いもの、にゃんこが大好きです。. 読みたい本が見つかる!読書家が集まる読書メーターで、たくさん読まれた人気作品と、新刊や注目されている話題の本の部門別、デイリーランキング一覧です。小説、文芸作品や新書・ビジネス書、エッセイ、キャラ文芸、児童書・絵本などは、単行本、文庫本、その他の書籍ランキングで. Days ?損得感情見透かされてるよ下向いた後はまた上向くのこれをハッピーセットと名付けよう上手く行かず. 不倫問題で活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建が3日、都内で会見に臨んだ。その全文を掲載していく. 保坂ところで『しんせかい』では突然、空から【谷】を見下ろす鳥の視点に変わるところがあるでしょう? こういう書き方は、たいてい小説ではルール違反だから良くないと言われるんだけど、映画なら普通のことです。そしてその光景は、読んだ全員が理解できる。読んでわかるなら、やって良いことや悪いことなんて無いと僕は思う。 山下その光景が、まるで映画みたいに僕に見えているわけではないけど、普通に書き続けていると飽きてくるんです。だからペコッて出てきてしまうんです。 保坂冒頭の、スミトが富良野に船で渡るところは、〈船が動き出した。いやまだ動いていない〉。それから小説の結びでも、〈満月に見える。少し欠けているようにも見えた。月など出ていなかったかもしれない。夜ですらなかったかもしれない〉――どちらも書いてすぐに否定をしているけど、ここは「どういうこと?」って作家に問うところではないんだよね。それはもう、「あなたがそこが気になるのだったら、あなたはずっとそこを気にしてなさい」としか返しようがない(笑)。 山下何というか. はじめまして いのり といいます 趣味は読書と愛犬とのお散 本と芝居とセカイをこよなく愛しています。 基本好き嫌いせずどんな本でも読みます 最近、深刻な読書不足です。.

プロ野球 日本ハム6位今川「僕も声で」杉谷も付けた背番61 12月13日 19:47 プロ野球 日本ハム3位古川、NiziUばりブレークへ覚悟 12月13日 19:46. 絶対に挿れたい僕はチ ポがクリトリスに当たるように腰をグラインドして母ちゃんがイった瞬間ヌルズボッ! 僕は声が変だから弔辞は読めない、何か書きましょうと言って、裕也のポスターの裏に弔辞を書いたの。そのお礼。お葬式の会の翌日だった。 保坂 そのポスターの価値はすごいですね。横尾さんがデザインしたの? 横尾 そう 保坂 すごいじゃん。横尾さん.

」とまた思い出す僕らは今夜も星に願いかけ. 保坂『しんせかい』で主人公・スミトの訪れた【谷】は、富良野塾とは明記されていないし、そこで出会う【先生】についても、倉本聰さんの実名は出てこない。山下さんのプロフィールを知る読者なら、そこを置き換えながら読むかたちになるんだけど、こうして【先生】の名前を伏せたことや、【先生】から受けた授業についてはあまり書かれていないこと——ここからは、山下さんが授業を重んじてはいない、あるいは【先生】を尊敬していないと受け取ることもできるんだけど、どうですか。 山下ええと. 東京千秋楽直後。楽屋にて。 北海道千秋楽前。 二瓶拓也くんと。 森下亮さんと。 野口卓磨くんと。. 本名の“保坂葉”名義で創英社より小説『僕らの声の届かない場所』を出版。全国書店にて発売中。 他にもライブ演出、ラジオドラマ、作詞、映像脚本、ドラマターグ、ワークショップ講師など、多岐にわたって精力的に活動を行っている。. 保坂 葉 創英社 売り上げランキング: 304083. は今夜も星に願いかけてる焦らさないで決めつけないで素敵なラインつけるから嘘じゃないんだ 4 5. 僕らの声の届かない場所作者: 僕らの声の 届かない場所 - 保坂葉 保坂葉出版社/メーカー: 創英社発売日: /07メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を. 保坂 山下さんの小説には、人物の表情やしぐさ——脚本で言えばト書きにあたるもの——が描かれてないけど、それらがどうして読む人に伝わるかは、山下さんの朗読を聞くと良くわかる。たぶん、そこには芝居の訓練が生きていて、本当に面白くて、飽きない。そしてそれは、山下さんが小説を書くときの呼吸そのものでもあるんです。 山下小説を書き始めたばかりの頃、「演劇的ですね」との感想をもらっても、どこがそうなのかがさっぱりわからなかったんです。でも、自分の小説を初めて朗読した時に、俳優をやっていたことと小説を書くことはここで繋がっているのかも? と感じたことはありました。 保坂 僕が前作『壁抜けの谷』を読んだ時にはもう、朗読を聴かなくても、途中から山下澄人独特のイントネーションも含んだ語りが頭の中に流れ始めたんですよ。そうすると、こういうふうに書いたら、普通は意味が掴めないと思うところも、自然に意味が伝わってきた。 たとえば、スミトは役者を目指す塾生たちの前で「ブルース・リー」と答えて笑われるんだけど、僕にはもう「ブルース↘リー↗」と言った抑揚が聞こえている。 山下そういうこと! これまでは「よくわからない」と言われても、どこがわからないのかがわからないという感じだったんです。では、読み聞かせたら全部をわかってもらえるんですね。 保坂 山下さんのに限らず、小説にはそういうことがあるんです。僕の小説も、一部の読者からは「静かな小説」と言われたり、「保坂さんは思慮深くて物静かで、小説を書く前には毎日、家の中をきちんと整理をしてから始めるんでしょう?」って勝手な想像をされたこともあったんだけど(笑)、そういう人たちには読めていないんです。たしかに人を殴ったり殺したりはしないけど、本当はものすごく騒がしい小説であり騒がしくて落ち着きがない人だ、ってことが。 僕の妻は『源氏物語』を古典の高校教師が京都弁のイントネーションで朗読するのを聴いたら、するっと理解ができたらしいんです。だから書き手には耳で聞けばわかるように文章を書く人とそうではない人がいて、でも小説を論じるときにそういうことはほとんど問題にされないでしょう? 山下そうですよね。 保坂僕は一つ、山下さんと出会って話をするうちに、すごく反省したことがあるんです。ブルース・リーの映画が初めて日本で公開されたとき、僕は高校生で、仲間の五、六.

と言葉にしていくと、僕は倉本さんを尊敬していないのかな? 嫌いではないし、むしろ、好きなんですけど。 保坂いや、その感じはわかる。俺にとってはその対象が小島信夫で、彼が最も偉大な存在だけど、「尊敬しているか?」と聞かれたらそうじゃない。そもそも人が「尊敬」していると思っている相手の言葉に一生懸命耳を傾けていたとしても、大体の人はそれを自分にとって都合の良いかたちに解釈して、逆に消化しないまま持ち続けているということができないんじゃないかとも思うん. See full list on shinchosha. | 保坂葉の商品、最新情報が満載!. 保坂葉 | HMV&BOOKS online | 3月23日京都府生まれ。年、演劇プロデュースユニット「空想組曲」を結成。. 僕は中学校で3人と付き合いました もし将来彼女ができた時付き合った人数聞かれたとき中学校での恋愛も付き合ったといえますか?皆様ならどうしますか?中学生で別れるのが一週間だと付き合ったことになりますか?. 01冊) 読んだページ 7530ページ(1日平均2ページ). posted with amazlet at 11. 山下十年前に、総合格闘家のボブ・サップっていましたよね? 彼はいわゆる「ど素人」なのに身体能力が半端なくて、登場するなり、どんなスーパーチャンピオンも棍棒で殴られたみたいに倒されてしまった。だけどあるときを境にボブ・サップは負け始めて、それがいつかと言えば技術を覚え始めた時なんです。だから僕には、「彼と同じになってしまうぞ」という恐怖心も常にあって、「馬鹿を維持しないと」っていう気持ちが少なからずある。それはそれで、ちょっと大変なことなんですけれども.

posted with amazlet at 10. 松井周さんの『自慢の息子』が岸田戯曲賞を受賞!! 第55回岸田國士戯曲賞発表 岸田戯曲賞を獲ったから『自慢の息子』なのではありません。 岸田戯曲賞を獲っても獲らなくても『自慢の息子』です! これが『自慢の息子』です! おっと、松井周さん本人でした。 失礼しました。 おめでとう. Amazonで保坂 葉の僕らの声の届かない場所。アマゾンならポイント還元本が多数。保坂 葉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また僕らの声の届かない場所もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 「君の帰る場所」 モーションコミック『声優戦隊ボイストーム7』エンディングテーマ 年6月30日 江口拓也の俺癒&西山宏太朗の健僕 主題歌集 西山宏太朗 「プカプカペンギン」 テレビ番組『西山宏太朗の健やかな僕ら』エンディングテーマ. 保坂 - 葉 創英社 売り上げランキング: 474487.

登録日 /04/15(2884日経過) 記録初日 /04/05(2894日経過) 読んだ本 36冊(1日平均0. 保坂 葉『僕らの声の届かない場所』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約7件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. (小説「僕らの声の届かない場所」の表紙も彼女に撮っていただきました) 二人の天才により出来上がったチラシたるやもう。 皆様のお手元に渡るにはもうちょこっとだけ先になりますが、先に表面のイラストだけ「どーん」と公開しちゃいます。.

僕らの声の 届かない場所 - 保坂葉

email: purelac@gmail.com - phone:(250) 172-4617 x 7983

日本待望論 - オリヴィエ ジェルマントマ -

-> 概説 確率統計 - 前園宜彦
-> コルネイユ喜劇全集 - ピエ-ル・コルネイユ

僕らの声の 届かない場所 - 保坂葉 - Nikon s徹底使いこなし本


Sitemap 1

Newton別冊 Newton編集長の実験と工作 動くもの、浮くものの不思議 - 水谷仁 -